【ピンチはチャンス】非正規雇用は本当にダメなのか?

スポンサーリンク

こんにちは。

6月入ってから、夏用のスラックスで出社しています。


車で職場まで通勤しますし、職場はデスクワーク。

長時間座っていると、席を立つときにスラックスのもも裏の部分がジトーッとするんですよ…

これが気持ち悪くて嫌なんですよね…

何かいい方法があれば是非教えて欲しいKAZUです。


さて、今や労働者の40%を占めるという非正規雇用

高齢化に伴い人手不足が叫ばれる中、多少は高止まり感があるそうです。

全然実感はありませんが…


非正規雇用、確かに賃金面では苦しいことは間違いないです。

思ったように貯金もできず、税金は増えるばかり。

しかし、非正規雇用であることはある意味で正規雇用よりもチャンスなのではないか?とも思うんですよね。

今回は、非正規雇用は悪いことばかりではないという話です。


スポンサーリンク

非正規雇用をチャンスに変えよう!


非正規雇のデメリット

今更言うほどのことでもありませんが、非正規雇用は正規雇用に比べると沢山のデメリットがあります。

・給料が安い

・ボーナスがない

・正規雇用と福利厚生が違う

・正規雇用と時間外賃金が違う

・住宅ローンが組みにくい

ボーナスに関しては会社によっては支給があるかもしれませんが、すずめの涙程度かと思います。

他にもあるとは思いますが、やはりお金に関するデメリットが多いですね。


特に時給制で働いていると、GWや盆暮れ正月・祝日が多いと影響を思い切り受けてしまいます。

今年のGWは10連休だったこともあり、時給で働く非正規雇用者が話題になりました。


やっぱり非正規雇用はダメじゃんと思われたあなた。

その通りです!!

非正規雇用はデメリットが多いんです。

た・だ・し

非正規雇用の給料オンリーで生活している場合の話です。

非正規雇用には非正規雇用のメリットがあると思います。

非正規雇用で悩んでいる方、非正規って意外といいかもしれませんよ!


正規雇用のメリットって何?

その前に、正規雇用のメリットを考えてみましょう。

今現在のメリットは

・安定性が高い

・ローンが組みやすい

この2つだと思います。


ローンが組みやすいというのは信用の証ですから、信用度をメリットに加えると3つですか。

少ないですよねー

少ないとは言え、安定性と信用度が高いのですから、暮らしていくには中々良い環境だと思います。

しかしながら、その裏側では沢山の理不尽に耐えたり出世争いをしたり、時間外労働を毎日のようにしたり休日出勤したりと、身を粉にして働いているんです。


そう考えると、正規雇用って何なんでしょうね…

自分で書いていて悲しくなってきました。


非正規雇用が持つ優位性

非正規雇用が正規雇用に対して持っている優位性はいくつかあると思います。

一番の優位性が

時間に余裕がある

残業や休日出勤がない事が、実は正規雇用に対する優位性を持っているんです。


時間があるということ=何かにチャレンジしやすい環境

趣味を活かした資格を取得して休日起業をしてみたり、ブログやスマホカメラを使ってネット副業してみたり。。

幸いなことに、初期費用があまりかからない副業は沢山あります。

借金しなくても大丈夫というのは安心ですよね。


それ以外だと、転職しやすいのも僕は優位性があると思います。

非正規雇用とは言え、職場を転々とするわけにはいかないですけど、正規雇用に比べたら転職はしやすいかと思います。

転職先で努力が認められれば、正規雇用になるチャンスがある企業もありますよね。


正規雇用だと転職に踏み切ることができなかったり、転職先がなくて正規雇用から非正規雇用になったりすることもあります。

こんな時代ですからどうしても守りに入ってしまうんですよ、正規雇用は。

こう考えると、非正規雇用だからと諦めることはないと思いませんか?


最後に

正規雇用であれ非正規雇用であれ、

・自分自身が置かれた環境を受け止める

・この先どうするのかをしっかりと考える

・未来に向けて必要な努力をする

他にもあるかもしれませんが、現実をちゃんと受け入れて努力する。


時代や社会のせいにしたくなる気持ちはわかります。

僕も、周りが悪いとか思うことはよくあります。


しかし、自分以外のせいにしても何かが変わるわけではないんですよね。

できることに微力を尽くして、

どーだ!みたか!!

と社会に言えるように、正規雇用の方も非正規雇用の方も一緒に頑張りましょう。

コメント