おすすめ夏バテ対策

スポンサーリンク

本当に梅雨なの?と思うくらいの暑さかと思えば、風が吹いて気持ち良い日でがあったり…

今年の梅雨は体調管理大変ではないですか?


そんな梅雨が明けると、いよいよ夏本番がやってきます。

夏に気をつけたいのが夏バテ

暑さにやられてしまい、何もやる気が起きない…

そうならないように夏バテ対策をしっかりしましょう。


今回は、僕が行なっているおすすめの夏バテ対策を紹介したいと思います。


スポンサーリンク

夏バテ対策おすすめです!


僕が参考にしている本

僕が夏バテ対策の参考にしている本があります。

名古屋グランパス 勝利の食堂


名古屋グランパス勝利の食堂 プロクラブを支える食ストーリー [ 間宮裕子 ]

2012年に発売された本で、著者の間宮裕子(森裕子)さんは、名古屋グランパスで栄養アドバイザーをされている方です。

この本は、名古屋グランパスでの食事に関することが沢山書かれていて、夏バテ対策に活用できそうなことも多いです。

僕は、この中から自分ができそうな対策をしています。

ですので、今回の記事はこの本の内容紹介になります。


梅干し

暑さ対策に梅干しを食べています。

梅干しには以下の効果があります。

・汗で失われる塩分補給

・食欲増進効果

・筋肉や神経の疲労回復


塩分タブレットもいいですけど、梅干し食べた時のすっぱ〜いという感覚は結構大事だと思うんですよね。

種ありだとタネが面倒なので、僕は種無しの干し梅を食べています。

スーパーに種無し干し梅は置いてあります。


梅干し苦手は人は、はちみつ梅干しを試してみてください。

胃酸が出すぎるので、食べすぎ注意です!


温野菜

食欲ないと、そうめんやざる蕎麦などの冷たくて喉に通りやすいものを食べてしまいがちです。

でも、野菜をざく切りにしてボイルするだけならそこまで熱くもないし、食べられると思います。


名古屋グランパス・勝利の食堂の中では、年齢が上がってきたことで疲れが取れにくくなった選手に対して温野菜を勧めています。

野菜には疲労回復効果があるそうです。

これは夏バテにも応用できると思います。


生野菜よりも温野菜にした方が野菜を沢山食べられるそうで、夏場の疲労を回復して翌日に持ち越さないようにできるかと思います。

野菜スープでも良いと思います。


レーズンパン

夏バテになると目まいがするなどの症状が出る人もいるかと思います。

鉄分不足からくる貧血症状を起こしているのですが、貧血症状克服のためにレーズンパンを食べるといいとのこと。

毎日とは言いませんが、僕も朝食にレーズンパンを食べるようにしました。

レーズンパン大嫌いだったけど、年々朝が弱くなってきてる気がするので少しだけ頑張って食べてます。

僕の場合、目に見えて効果があるとは言えないですけど、今までよりは特に午前中にボーっとすることが減ったような気がします。


ドライフルーツ

こちらも、レーズンパンを食べるのと同じ理由で貧血対策です。

ドライフルーツは干すことによって鉄分が増えている食べものなんだそうです。

レーズンパンに比べると若干高めのお値段ですので、あまり購入することは有りませんが…

運動した後にたまに食べてます。

ヨーグルトを食べる時にドライフルーツをかけて食べるの方法もいいみたいです。


豚汁

これは、僕が参考にしている本には詳しく書いてあるわけではありません。

個人的には、豚汁 is 最強のスープだと思っています。

野菜やお肉は入っているし、味噌で塩分補給ができる。


少し多めに作っておいて、冷蔵庫で保存してます。2〜3日くらいなら大丈夫かと思います。

暑いと料理する気にもならなかったりするので、そんな時は冷蔵庫の豚汁をレンジでチン!

冷やし豚汁なるレシピもあるそうですので、チャレンジしてみるのもアリだと思います。


最後に

これからやってくる夏本番、そして厳しい残暑が終わった後の秋バテ。

今いち体調が優れない毎日にならないためにも、夏バテ対策はしっかりと行いたいですね。

体の体調を崩すと、心の体調も崩しかねません。

ゆとりある楽しい毎日を過ごすために、今から対策していきましょう!

コメント