独り言は自己肯定の第一歩

スポンサーリンク

自己肯定感を上げようとか、自分を認めてあげようって言われても、どうやっていいか分からない人は多いのではないでしょうか?

とにかくポジティブ?

知識を磨けばいいの?


そもそも、自己肯定感って感情ですからね。

カウンセリング受けた方がいいのかな?と思ったり…


でも、そんなに難しく考える必要はありません。

自己肯定感という感情をもっと気楽に考えましょう。


スポンサーリンク

独り言のすすめ


病は気から

みなさんも聞いたことがある言葉だと思います。

病は気から

病気になっても治ると思えば治っていくし、塞ぎ込んでしまえば悪化してしまうという意味です。


自己肯定も気からなんですよ。


例えば就職や転職面接の場合。

僕は就職活動も転職活動も経験したことがあります。

面接で不合格になる度にこう思っていました。

この優秀な俺を落とすとは!この会社センスないわ!


一体どこからそんな自信が出てくるんでしょうね(^_^;)

正直言って自信など全くありません。

でも、そう思わないとね、どんどん落ち込んでしまいます。


また落ちた…このまま内定貰えないんじゃないか?就職できないんじゃないか?

などと思い始めたら、面接で上手く話すことができなくなります。


面接に来たぞ!さぁ、採用してくれ!

くらいの気持ちでいれば、気後れすることなく面接にも挑めます。


結果、採用された時に胸をなで下ろすと共に

自分だってやればできるんだ!

という気持ちになります。

そして、「出来たこと」の積み重ねが自己肯定へと繋がっていくんです。


日常の中の「出来たこと」

毎日の生活では、就職活動のような「出来たこと」を経験することはありません…

などということはなく、毎日の生活にも点在しているんですよ。


ご飯が上手に作れた

勉強を3時間やった

仕事がいつもより捗った

もっと言えば、

目覚まし時計の力を借りずに目が覚めただって立派な「出来たこと」なんです。


大事なのは、それらの事を出来た自分を認めてあげること。

誰だって出来るなんて思わずに、俺すごい・私すごいと思うことです。


独り言を言ってみよう

「出来たこと」を認めてあげるのに1番いい方法が声に出すことです。


このチャーハンのパラパラ感完璧だ!

今日は勉強頑張ったぞ!

などと声に出すことで認識が高まります。


誰かに話して他人に認めてもらう必要などありません。

独り言で充分です。

…と言うより、誰かに話して他人の評価を聞こうとすると期待してしまうので、独り言の方がいいです。


僕も頻繁に独り言を言ってます。

今日は寝覚めがいい。

午後からも頑張るぞ!

仕事終わったー、お疲れ様!

今日は充実した1日だったー

などなど…

決して変な人じゃないですからね(汗)


独り言ですから、側に誰もいない時に(主に車の中)声に出してます。

これをやることで肩の力が抜けて、嫌なことがあっても自然とポジティブになります。

正に病は気からですね。


SNSで呟く時の注意点

独り言を呟くと言うと、Twitterを連想する方も多いと思います。

Twitterで呟いてもいいですが、独り言の方が効果は高いです。


Twitter +独り言なら問題ないですが、Twitterのみはやめた方がいいです。

なぜなら、

Twitterで呟くと承認欲求が生まれるから


例えば、Twitterでおはようと呟きます。

この時「誰かおはようって返してくれないかな?」と返事を待ってしまいます。

これが良くない

自己肯定=自分で自分を認めてあげることですから、他人の反応を期待する時点で自己肯定は生まれにくいんです。


それどころか、誰も反応がないと気分が落ち込んでしまいかねません。

Twitterやその他SNSに投稿する時は、他人の反応を期待しないようにしましょう。


最後に

今日から出来る自己肯定

・病は気から。自己肯定も気から 。

・出来たことを独り言で声に出してみる。

この2点を意識してみてください。


今日は、深夜1時から女子サッカーのW杯・なでしこジャパンの初戦です。

僕は仮眠をとってからTV観戦する予定ですが、時間になって目を覚ましたら、開始時間にちゃんと起きれた!と独り言を言ってると思います。

あなたも是非、試してみて下さい。

コメント