今日から節約生活するぞ!が失敗する理由

スポンサーリンク

人生100年時代と言われている現在。


先日、金融庁が老後の65歳までに2000万円の貯金が必要との報告書をまとめたという報道がありました。

そんなに貯められるわけないだろ!

どうやって2000万円貯めようか?

などと怒りや不安に感じた方も多いのではないでしょうか。


老後に限らず、普段から貯金があれば余裕を持って生活ができます。

貯金をする為に普段から節約している方、これから貯金を始めようと思っている方。


同じように貯金をしようとしているのに、貯まる人と貯まらない人がいるのはなぜでしょうか?

節約していても、中々お金が貯まらない人の特徴や改善方法を考えてみました。


スポンサーリンク

今日から貯金、その前に


なぜ貯まらないの?

簡単に言うと、思い立った日から節約生活をしているからです。


ダイエットに例えると分かりやすいのですが、

今日からダイエット始めるぞ!

と決心します。

その日から早速ダイエットスタート。


夜ご飯はサラダだけとか、朝ご飯はフルーツだけみたいな生活を始めます。

3〜4日くらいすると段々苦しくなってきて、10日目くらいでギブアップ。

このような経験をされた方、いらっしゃるのではないでしょうか?


節約も同じです。

お金貯める為に節約するぞ!

と思った日からいきなり節約し始めると、ほぼ間違いなく貯まりません。

節約するにも、準備が必要なんです。


まずは現状を把握する

節約の第一歩は、

何にいくら使っているのかを知る

ここからです。


ざっくりでは無く、ある程度正確に把握しましょう。


具体的には、家計簿をつけることをお勧めします。

手書きでも家計簿アプリでもOKです。

ちなみに僕は、家計簿というアプリを使っています。


正確に計上するため、レシートは必ず貰ってください。

家計簿をつけたらレシートを捨てる。

こうすれば記載忘れを防ぐことができますが、面倒に思わず毎日家計簿つけて下さいね。


3ヶ月くらい家計簿をつけ続けると、毎月の支出金額と内訳が分かります。

何にどれくらい使っているのか分かった上で対策をする。この対策のことを節約と言います。


尚、家計簿は毎月つけ続けることが1番良いですが、最低でも1年は続けましょう。

特に一人暮らしの場合は、季節によって電気代などが変わってくることも多いので、月毎の支出を一年分は把握しておくためです。


どうしても面倒だと感じる方は、とりあえず1年だけ頑張りましょう。

その後はやめても良いですが、節約がうまくいかないと感じたら、もう1度家計簿をつけるようにした方がいいですよ。


家計簿のつけ方

手書きにせよアプリを使うにせよ、項目はある程度細かく分けましょう。

そうしないと、無駄が見えてこないです。


例えば、900円のランチを食べて、仕事終わりににコンビニで100円コーヒーを買ったとします。

これを食費1000円で計上するのと、昼食代900円・コーヒー代100円で計上するのでは後で見直す時に全然違います。

大まかな項目で計上すると、有効な対策が打てなくなります。


もう1つ、項目ごとに色分けしましょう。

色はとりあえず2種類でOKです。

必要な支出

それ以外

の2種類に分けます。


本当はもっと細かく分けた方がいいのですが、最初はザックリでOKです。

そうしないと、家計簿つけるのが面倒くさく感じてしまうので。

先程の例で言うと、昼食は必要な支出でコーヒーはそれ以外になります。


分ける時に注意したいのは、自分の気持ちを優先させないでください。

気持ちを優先させてしまうと、恐らく先程の例のコーヒー代も必要な支出になってしまいます。

お昼ご飯は食べないと力がでませんが、帰宅途中のコーヒーは飲んでも飲まなくても生活や体調に影響でませんよね?

つまり、そういうことです。


ちなみに僕は、仕事帰りや仕事中に買ったコーヒーやお菓子はおやつ代(平日)、仕事休みの日はおやつ代(休日)という項目で計上しています。


対策を立てよう

3ヶ月間、家計簿をつけ終わったらいよいよ対策に入ります。

必要な支出はとりあえず放っておいて、まずはそれ以外の支出から対策します。


この時に注意点があります。それは、

いきなり0円にしようと思うな!

という事です。


タバコ、いきなりやめられますか?

揚げ物一切なしの食事に変えられますか?

無理ですよね。短期的にはできると思いますけど、続かないです。

続かなかったら最終的には節約できないです。


初期段階でやる事は、

ムダを減らすこと

減らした状態に慣れること

この2つです。

と言うより、節約すること=上記2点の繰り返しです。


段階的に禁煙するのと同様に、段階的に節約していきます。

もの凄い精神力を持っているか、切羽詰まった生活環境でもない限り、いきなり極端なことをすると間違いなく続きません。


ムダだと感じたことを少し減らしてみましょう。

例えば、毎日仕事終わりコーヒー買っているのであれば、週に3回に変えてみる。

慣れてきたら、週2回→週1回→本当に飲みたいと思った時だけというように減らしていけばいいんです。


対策段階に入って初めて、今日から出来ることをはじめましょう。

最初は節約金額が少ないですが、続けていれば「あれ?今月全然使ってないぞ!」と感じる日がきます。


最後に

今まで節約生活が上手くいかなかった方。


1)思い立った日から節約するのをやめましょう。

2)まずは3ヶ月、家計簿をつけてムダを見つけましょう。

3)ムダを見つけたら、できることから始めましょう。

4)いきなりゼロ円ではなく、少しずつ減らしつていきましょう。


残念ながら、いきなり◯万円節約するとか無理です。

時間はかかりますが、少しずつ確実に減らしていきましょう。

続けていれば、節約の効果を肌で感じる日がきっとやってきますよ。

コメント